新着記事
★ゴルフサイトサーチ ▼登録されたゴルフサイトの情報からゴルフ情報を検索できます
Loading
(02/10)ト阿玉氏、村上隆氏ら6名が日本プロゴルフ殿堂入り
(02/08)ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集2名追加
(02/07)フェニックスオープンは松山英樹プロが連覇
(02/06)ドバイデザートクラシック結果
(02/03)NEW タイトリスト プロV1&V1x発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

●エリアG人気コーナー
ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集  ゴルフ書籍・DVD  ダブルペリア(新ペリア)計算方法

2010年08月31日

2人のプレーヤーが、ボールが入れ替わっていることに気づかずにプレーした

JLPGAツアー「ニトリレディス」最終日17番ホールで、原江里菜プロが同伴競技者のウェイ・ユンジェのボールを自分のボールと勘違いしてセカンドショットを打った。ウェイも誤球されたことに気づかず原プロのボールをプレーし、二人ともそのままホールアウトした。18番ホールのセカンド地点でお互いのボールが入れ替わっていたことに気づいたが、誤球により二人とも競技失格となった。

→解説を読む
posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 04:38 | TrackBack(0) | ゴルフルール事件簿

2010年07月12日

スコアカードに署名せずに提出した

JGツアー「レクサス選手権」初日、片山晋呉プロがスコアカードへの署名の記入漏れで失格となった。

→解説を読む
posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 03:12 | TrackBack(0) | ゴルフルール事件簿

2010年04月19日

スコアカードに署名せずに提出してしまった

JGツアー「東建ホームメイトカップ」2日目、丸山茂樹プロがスコアカードへの署名の記入漏れで失格となった。

→解説を読む
posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 03:19 | TrackBack(0) | ゴルフルール事件簿

野生の猿にボールを動かされた

JGツアー「東建ホームメイトカップ」初日5番ホール、小田孔明プロのティーショットのボールを野生の猿が持ち去ろうとした。小田プロが威嚇したところ、猿は約2メートルほど先でボールを手放した。

→解説を読む
posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 03:18 | TrackBack(0) | ゴルフルール事件簿

2010年03月31日

ウォーターショットの後、ボールがハザード内にも関わらず、クラブを地面に着けた

USLPGAツアー「起亜クラシック」最終日11番ホール、ミシェル・ウィがウォーターハザードからストロークし、ボールはハザード区域内のラフに止まったにも関わらず、クラブを地面に着けた。

→解説を読む
posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 06:24 | TrackBack(0) | ゴルフルール事件簿

2010年03月16日

グリーン上で素振りをし、ヘッドがグリーンに触れたことが原因でボールが動いた

JLPGAツアー「プロギアレディス」最終日1番ホール、朴仁妃がグリーン上でボールの後ろで素振りをしたところ、ボールが動いた。素振りの際、ヘッドはグリーンに触れていた。朴はボールが静止した位置にマークし、同伴競技者のプレーの後、ホールアウトした。

→解説を読む
posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 05:44 | TrackBack(0) | ゴルフルール事件簿

2009年10月26日

ギャラリーがボールを動かした

JGツアー「ブリヂストンオープン」初日15番ホール、石川遼プロのティーショットのボールをギャラリーが拾い上げた。周囲にいたスタッフや他のギャラリーが注意し、ボールは元の場所に戻された。

→解説を読む
posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 01:48 | TrackBack(0) | ゴルフルール事件簿

2009年08月27日

ボールの前にある目土を取り除いた

JLPGAツアー「CAT Ladies」初日14番ホール、川原由維プロがフェアウェイ上で、ボールの前にあったディボットの目土を足で取り払い、ライの改善を行ったとして2打罰を受けた。

→解説を読む
posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 06:03 | TrackBack(0) | ゴルフルール事件簿

競技委員の誤った指示で、OB区域のボールをプレーした

JGツアー「関西オープン」初日11番ホール、石川遼プロが競技委員の誤った指示(OB区域のボールをセーフと判断した)により、セカンドショットをOB区域からストロークしたことがアテスト中に確認された。本来であれば誤球であるが競技委員の指示による行為のため失格とはならず、2打罰が付加された。

→解説を読む
posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 06:02 | TrackBack(0) | ゴルフルール事件簿

2009年07月19日

ギブアップの意志を伝えてもロストボールにはならない

欧州ツアー「全英オープン」2日目10番ホール、タイガー・ウッズのティーショットが右ラフで見つからず、暫定球に向かおうとした際、テレビ朝日による中継の中で、「ロストボールは「5分過ぎている」、「ギブアップ(初球の捜索をあきらめた旨の発言をする)と言った」場合にロストとなる」と解説された。

→解説を読む
posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 13:00 | TrackBack(0) | ゴルフルール事件簿

2009年06月29日

ラウンド中、キャディ以外にバッグを運ばせた。さらにペナルティを付加するホールを間違えたが委員会も気づかず受理された。

JLPGAツアー「プロミスレディス」2日目、肥後かおりプロがホールとホールの間でキャディバッグをキャディではなく、大会スタッフに運ばせていたことを5番ホールと6番ホールの間で競技委員に指摘され、4打罰を受けた。

→解説を読む
posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 05:15 | TrackBack(0) | ゴルフルール事件簿

2009年05月04日

暫定球の宣言をせずに別の球を打った

JGツアー「中日クラウンズ」最終日、石川遼プロのティーショットがOBの可能性があったため暫定球をプレーしたが、その際、同伴競技者に暫定球の宣言をしていなかったため、1球目を破棄し、1打罰を付加して2球目をプレーすることになった。

→解説を読む
posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 04:18 | TrackBack(0) | ゴルフルール事件簿

2009年01月19日

スタート時間にティーグラウンドにいなかった

USPGAツアー「ソニーオープン」初日、矢野東プロがスタート組を勘違いし、選手紹介のアナウンス時にティーグラウンドにいなかったため2打罰を課せられた。

→解説を読む
posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 04:43 | TrackBack(0) | ゴルフルール事件簿

2008年12月08日

電線に当たったと思われるが確証がない

JGツアー「日本シリーズ」2日目、片山晋呉プロの14番ホールセカンドショットが電線に当たったのではないかと競技委員に申告したが認められず、そのままプレーすることとなった。

→解説を読む
posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 05:01 | TrackBack(0) | ゴルフルール事件簿

2008年11月21日

プレーヤーがボールを蹴る

JGツアー「ダンロップフェニックス」初日2番ホール、石川遼プロが自分のボールを蹴って20cmほど動かした。

→解説を読む
posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 04:03 | TrackBack(0) | ゴルフルール事件簿

2008年09月15日

局外者によってボールが踏まれた

JLPGAツアー「日本女子プロゴルフ選手権」初日2番ホール、深いラフに入った上田桃子プロの第2打のボールを捜索中、競技委員がボールを踏んで発見した。上田プロは無罰でドロップし、プレーを再開した。

→解説を読む
posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 16:26 | TrackBack(0) | ゴルフルール事件簿

2008年07月20日

ラウンド中にゴムボールを使ってスイングチェックをした

JLPGAツアー「スタンレーレディス」初日、若林舞衣子プロが後半のプレーを待つクラブハウス内で、ゴムボールを腕の間に挟んでスイングチェックをし、競技失格となった。

→解説を読む
posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 18:50 | TrackBack(0) | ゴルフルール事件簿

2008年05月05日

間違ったスコアが書かれたスコアカードにアプルーブして提出した

JGツアー「中日クラウンズ」2日目、尾崎将司プロが18番ホールのスコア「5」のところを、マーカーである石川遼プロが記入した「4」という間違ったスコアのまま、スコアカードにアプルーブして提出し、過少申告で失格となった。この試合の最終日には前粟蔵俊太プロも15番ホールの「6」を「5」としてスコアカードを提出し、失格となった。

→解説を読む
posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 16:15 | TrackBack(0) | ゴルフルール事件簿

2008年04月22日

ボールがバンカー内にある時に別のバンカーをならした

3月に行われたUSPGAツアー「チューリッヒクラシック」において、スチュアート・シンクがバンカー外のボールに対してバンカー内にスタンスを取ってストロークを行ったところ、ボールは別のバンカーに入った。シンクがバンカーから次のストロークを行う前に、キャディがスタンスを取ったバンカーをならした。この行為がバンカーの状態をテストしたとして2ペナルティという裁定が下されたが、シンクはすでにスコアカードに署名をして提出してしまっていたため、過少申告で競技失格となった。

→解説を読む
posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 05:37 | TrackBack(0) | ゴルフルール事件簿

2008年04月21日

テレビ塔がジャマになる際の救済措置

JLPGAツアー「ライフカードレディス」2日目、古閑美保プロがティーショットを左の林に打ち込んだが、2打目地点とピンの間にテレビ塔があったため、無罰でボールをずらす救済措置を受けた。

→解説を読む
posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 05:27 | TrackBack(0) | ゴルフルール事件簿