新着記事
★ゴルフサイトサーチ ▼登録されたゴルフサイトの情報からゴルフ情報を検索できます
Loading
(02/10)ト阿玉氏、村上隆氏ら6名が日本プロゴルフ殿堂入り
(02/08)ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集2名追加
(02/07)フェニックスオープンは松山英樹プロが連覇
(02/06)ドバイデザートクラシック結果
(02/03)NEW タイトリスト プロV1&V1x発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

●エリアG人気コーナー
ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集  ゴルフ書籍・DVD  ダブルペリア(新ペリア)計算方法

2013年09月08日

No.122 2020年東京オリンピック招致成功! 気になるゴルフ出場者は……

2020年の夏季オリンピックの開催地が東京に決まりました。2016年のリオから採用されるゴルフももちろん行われます。場所は埼玉県・霞ヶ関カンツリー倶楽部。その昔ワールドカップも行われたことがあるコースですから、コースとしては問題ありませんね。

ちょっと気になるのは時期でしょうか。全英オープン世界ゴルフ選手権全米プロといった大きな大会のはざまでの開催。その時期にリオとか東京といったところへトッププレーヤーが本当にくるのか? でもトッププレーヤーが出場しなかったらやっぱりゴルフは止めようという話にもなりかねず。かといってメジャー大会などの時期を動かすのも難しいでしょうから……どうなりますかねぇ。

さてルール・出場資格については以前にも書きましたが、まだルールが批准されていません。国際ゴルフ連盟からIOCへの提案では72ホールのストロークプレーとのこと。また出場資格については、以前お伝えしたときより少し変更があったようです。以前の発表ではワールドランキング上位15位までの選手と、トップ15に2人以上入ってない国の上位2選手という話でした。これだと、1つの国で最大15人が出場できてしまうことになってしまい、現在のランキングだとアメリカから8人も出場できてしまいます。全体60名のうち8名というのはさすがに……と思っていたら、1つの国からは4人が上限となったようです。それでも多い気はしますが。

この出場カテゴリで決着するのかどうかはわかりませんが、有力であるという噂ですね。当然のことながら、これだとアマチュアは出られない。それもあってか、R&Aが乗り気ではないという話も聞こえてきています。まあ、やってみて、リオでの結果などをみて変更するというようなことも考えられますけどね。

とりあえずこの出場カテゴリでいったとしましょう。そうすると現在のランキングでは下記がトップ15となります。

1位:タイガー・ウッズ(アメリカ)*
2位:アダム・スコット(オーストラリア)*
3位:フィル・ミケルソン(アメリカ)*
4位:ジャスティン・ローズ(イギリス)*
5位:ロリー・マキロイ(イギリス)*
6位:ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)*
7位:マット・クーチャー(アメリカ)*
8位:ブラント・スネデカー(アメリカ)*
9位:ジェイソン・ダフナー(アメリカ)
10位:スティーブ・ストリッカー(アメリカ)
11位:グレーム・マクドウェル(イギリス)*
12位:キーガン・ブラッドレイ(アメリカ)
13位:ルーク・ドナルド(イギリス)*
14位:リー・ウェストウッド(イギリス)
15位:ジム・フューリック(アメリカ)

とりあえずイングランドや北アイルランドなどはすべてイギリスとしています。ここまでで11人。残りは枠を使い切っているアメリカ、イギリス以外の国から上位2選手ずつ選ばれます。日本は松山英樹プロと石川遼プロですね、現状は。

しかし、7年後となると、どういう顔ぶれになっているかわかりませんよねぇ。たとえば7年前の2006年8月末のワールドランキングをみるとこんな感じでした。

1位:タイガー・ウッズ(アメリカ)
2位:フィル・ミケルソン(アメリカ)
3位:ジム・フューリック(アメリカ)
4位:ビジェイ・シン(フィジー)
5位:アダム・スコット(オーストラリア)
6位:リティーフ・グーセン(南アフリカ)
7位:アーニー・エルス(南アフリカ)
8位:セルヒオ・ガルシア(スペイン)
9位:ジェフ・オギルビー(オーストラリア)
10位:ルーク・ドナルド(イギリス)
11位:デビット・トムス(アメリカ)
12位:デビッド・ハウエル(イギリス)
13位:クリス・ディマルコ(アメリカ)
14位:トレバー・イメルマン(南アフリカ)
15位:コリン・モントゴメリ(イギリス)

現時点で15位以内に残っているは5人。このぐらいがらっと替わってしまいます。年齢的なところもありますし。2020年、ウッズは44歳になっています。ギリギリというところでしょうか? ストリッカーは53歳、フィルとフューリック50歳、ウェストウッド47歳、ステンソン44歳、ダフナー43歳、ドナルド42歳、マクドウェル41歳。

スコットとローズは40歳、スネデカー39歳、ブラッドレイ34歳、クーチャー32歳、マキロイ31歳。まあ、松山英樹プロと石川遼プロは28歳なので問題ないでしょうが、やっぱり7年後だと難しそうな選手がいますよねぇ。

まだまだ先のことなので、この後すごい若手の選手が現れる可能性もありますし、がらっと替わっている可能性はありますが、はたして……。

もちろん、オリンピックでのゴルフを観るのは、最初で最後の機会になると思うので、何事もなければぜひ観に行きたいと思っています。チケット争いとかたいへんなのかなぁ……。



[AD]


このエントリーをはてなブックマークに追加

posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 22:45 | ゴルフコラム