新着記事
★ゴルフサイトサーチ ▼登録されたゴルフサイトの情報からゴルフ情報を検索できます
Loading
(02/10)ト阿玉氏、村上隆氏ら6名が日本プロゴルフ殿堂入り
(02/08)ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集2名追加
(02/07)フェニックスオープンは松山英樹プロが連覇
(02/06)ドバイデザートクラシック結果
(02/03)NEW タイトリスト プロV1&V1x発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

●エリアG人気コーナー
ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集  ゴルフ書籍・DVD  ダブルペリア(新ペリア)計算方法

2013年09月01日

サブグリーンに乗ったボールをグリーン外にドロップしてプレーしたことのペナルティを付加せずに過少申告となった

JLPGAステップアップツアー「ごうぎんDuoカードレディース」初日、サブグリーンに乗ったボールをグリーン外にドロップしてプレーした選手6名が、過少申告で失格となった。

【解説】:日本のように、1ホールに本グリーンと予備のグリーン(サブグリーン)の2つのグリーンがある場合、そのサブグリーンは規則でいう「目的外のグリーン」となります。(2011/12/16 日本ゴルフ協会通達)。目的外のグリーンにボールが乗った場合、障害扱いとなり、罰なしにグリーン外のニヤレストポイントにドロップしてプレーを再開します(2013年現在のゴルフ規則 第25条第3項)。ですので、ゼネラルルールとしては、失格となった選手たちの採った措置は違反ではありません。

ただし、サブグリーンについては

1:修理地扱いとする
2:スルーザグリーンとしてあるがままプレーしなければならない

というローカルルールを制定することができます。ドロップしてプレーしたことが違反となり、その違反を付加しなかったために過少申告となったことから、上記の2のローカルルールが制定されていたのだと思われます。

しかし報道を読むと「サブグリーンに乗った場合そのまま打たなければならないが、一部の選手がルールを知らなかったためにドロップしてプレーした」と書かれているものがほとんどです。これは、2012年の予備グリーンについての解釈変更に対し誤解を生む内容であり「サブグリーンに乗った場合、そのまま打たなければならないという“ローカルルールが制定されていた”が、一部の選手が“そのローカルルールを知らなかった”ためにドロップしてプレーした」と書かなければいけないと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加

posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 10:45 | ゴルフルール事件簿