新着記事
★ゴルフサイトサーチ ▼登録されたゴルフサイトの情報からゴルフ情報を検索できます
Loading
(02/10)ト阿玉氏、村上隆氏ら6名が日本プロゴルフ殿堂入り
(02/08)ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集2名追加
(02/07)フェニックスオープンは松山英樹プロが連覇
(02/06)ドバイデザートクラシック結果
(02/03)NEW タイトリスト プロV1&V1x発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

●エリアG人気コーナー
ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集  ゴルフ書籍・DVD  ダブルペリア(新ペリア)計算方法

2012年08月20日

No.117 オリンピック、ゴルフの競技方法・出場資格

オリンピックのゴルフは72ホールストロークプレーという報道が出ています。通常のトーナメントと同じ形式ということですね。賛否両論でしょうが団体戦はあってもいいかなぁ。

それより出場カテゴリのほうに疑問符が。ワールドランキング15位以内+16位以降で国別に2人ずつ合計60名って、どうなんでしょう。その60名が世界最強の60名になるかというとなりえないと思うのです。たとえば日本なんか、現在の状況だったら70位とか80位の選手が出場することになる。まあオリンピックなので、その地域の上位選手が出るということではいいのかも知れませんが。

あと、ワールドランキングは近い過去の重みを高くはしてますが、あくまで過去2年の平均値。そのときいちばん強い選手ということで考えると計算を1年以内にしたランキングを出すなどの工夫が必要な気がします。

加えて、この形式だとアマチュアは出られないということですね。アマチュアワールドランキング上位5名とかも出場させればいいのに。

60名という人数自体少ない気がしますし、各国上位4名で100名くらいでいいんじゃないかなぁという気がします。まあ4名出せない国も出てくるとは思いますが(^_^;)



[AD]


このエントリーをはてなブックマークに追加

posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 01:56 | ゴルフコラム