新着記事
★ゴルフサイトサーチ ▼登録されたゴルフサイトの情報からゴルフ情報を検索できます
Loading
(02/10)ト阿玉氏、村上隆氏ら6名が日本プロゴルフ殿堂入り
(02/08)ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集2名追加
(02/07)フェニックスオープンは松山英樹プロが連覇
(02/06)ドバイデザートクラシック結果
(02/03)NEW タイトリスト プロV1&V1x発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

●エリアG人気コーナー
ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集  ゴルフ書籍・DVD  ダブルペリア(新ペリア)計算方法

2007年09月17日

Bet.19結果 ツアー選手権総評

今年から始まったFedExカップの行方争ったプレーオフ4連戦。いったんリセットされたFedExポイントによって誰にもそのチャンスが生まれるこのシステムで、いままでのようにこのツアー選手権だけ優勝すれば賞金王!という形ではなくなり、しかもFedExカップ王者には1000万ドルの賞金!で盛り上がる……はずだったのですが、いざふたをあけてみれば初戦タイガー・ウッズが欠場、第2戦アーニー・エルスが欠場、第3戦フィル・ミケルソンが欠場と、少々主催者の思惑と違う展開になったような……。

上位30名にしぼられたツアー選手権。初日サスペンデッドで始まったこの試合、やはり強かったのはウッズ。2日目にトップに立つと、その後はもう誰も寄せ付けないスコアで圧勝。最終的には4日間で23アンダーのぶっちぎりでFedExカップ初代チャンピオンとなりました。ほんとにここ一番ではその強さが際だちますね。

これで賞金1000万ドルゲット!と思いきや、なにやら最初の発表と違うようで、この1000万ドルは年金として後で受け取ることになるのだとか。しかもこの後始まるフォールシリーズで賞金ランキングが確定するとのことで、31位以下の選手が獲得賞金トップになることも不可能ではなく……。まあツアー選手権出場者はシード権が与えられるので、いまさら賞金ランキング上位を狙ってということはないでしょうけど、なんだかすっきりしないシステムになったなぁという感じがしなくもないです。

さてベットのほうはというと、大本命ウッズの優勝で2.8倍。当てられた方、おめでとうございます。

次のベットですが、石川遼さんも出場予定の日本最高峰の試合、日本オープンで行う予定です。お楽しみに。



[AD]


このエントリーをはてなブックマークに追加

posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 11:06 | TrackBack(0) | ゴルフベッティング
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5468677
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック