新着記事
★ゴルフサイトサーチ ▼登録されたゴルフサイトの情報からゴルフ情報を検索できます
Loading
(02/10)ト阿玉氏、村上隆氏ら6名が日本プロゴルフ殿堂入り
(02/08)ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集2名追加
(02/07)フェニックスオープンは松山英樹プロが連覇
(02/06)ドバイデザートクラシック結果
(02/03)NEW タイトリスト プロV1&V1x発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

●エリアG人気コーナー
ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集  ゴルフ書籍・DVD  ダブルペリア(新ペリア)計算方法

2007年06月05日

No.35 ハニカミ王子の捕まえ方……ゴルフ観戦の仕方

史上最年少でツアー優勝をはたした石川遼さんが優勝後初となる試合、関東アマに出場して、案の定大騒ぎになってますね。アマチュアの試合に1900人もつめかけたとか。しかもいままでゴルフを見たことがない人も大勢いるという話。そりゃあたいへんだ。ゴルフは他のスポーツと違って見る側にもいろいろ要求されるスポーツですからねぇ。

ゴルフ観戦をしたことがない人でも最低限の観戦ルールは守ってもらわないと、応援しているつもりでジャマすることになってしまいます。それは見る側の本意でもないはず。ゴルフをどのように見るかをちょっと書いてみると、

・ゴルフ場はスタジアムではないので、1カ所にとどまってみる形ではありません。歩きやすい服装・靴にしましょう。
・ギャラリーが歩く場所は高低差があったり、でこぼこしていたり、必ずしも歩きやすい場所というわけではありません。芝の保護目的も含め、ヒールの高い靴などは避けましょう。
・ギャラリーが入れる場所は限られています。それ以外の場所へ入ることは選手の迷惑にもなりますので決められた場所以外入らないようにしましょう。
・ゴルフは集中力を要求されるスポーツです。選手が打つ構えを取ったら静かにし、動かないようにしましょう。また、携帯電話の着信音は厳禁です。必ず電源を切りましょう。
・ゴルフは同伴競技者を含め、数名が1組となってプレーをします。お目当ての選手以外にもプレーしている選手がいることに気をつけて動きましょう。
・競技中は写真撮影禁止です。シャッター音などが選手の集中力の妨げになるので絶対にやめましょう。

ぐらいでしょうか。応援している選手が調子を崩したりしたらなんにもなりませんよね。ギャラリーにジャマしている意識がなくても結果的にそうなってる可能性もあるので気をつけたいところです。

以前、サッカーの磯貝選手がプロテストに挑戦したときも、やはりゴルフを見たことがない人が大勢きてたいへんだったという話を聞いたことがあります。私もガン撲滅基金東西対抗などのときにゴルフを見たことがないだろうというギャラリーを見たことがありますが、選手などに迷惑がかかってましたね。

後で聞いた話では、プレーしているアマチュア(このときは光ゲンジの諸星さんだったかな?)のボールを持っていっちゃう人とかがいたりしてロスト連発!なんて騒ぎにもなっていたようです。論外といえば論外なんですけど、知らないってそういうことかなという逸話です。

せっかく観戦にきた人に、あれもするな、これもするなって要求するスポーツというのも窮屈な感じはしますが、プレーしている側も、見ている側も楽しい場にするために、ちょっとだけ気をつけてもらえればなと思います。

ゴルフの見方ですが、定点観測(1カ所にとどまって複数の選手を見る)のもありですが、今回のようにお目当ての選手がいるのであればやはりついて回りたいですよね。ただ、すべてのプレーを見ようとするとたいへんです。今回の1900人というのは1組についているわけで、十重二十重になっている人の中ですべて見ようというのは無理です。

私が見る場合には、ある程度はしょります。ティーショットをみたらセカンドショットは見ないでグリーンで待っててパッティングを見る、とか、その次はセカンドショット地点に先回りしていて見る、とかいう感じ。初めて見に行く人にはわかりにくいかも知れませんが、ポイントポイントで見ることをオススメします。


ハローキティ 幸せの青いハンカチ ライトブルー
ハローキティ 幸せの青いハンカチ ライトブルー

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



[AD]


このエントリーをはてなブックマークに追加

posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 14:07 | TrackBack(0) | ゴルフコラム
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4259928
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック