新着記事
★ゴルフサイトサーチ ▼登録されたゴルフサイトの情報からゴルフ情報を検索できます
Loading
(02/10)ト阿玉氏、村上隆氏ら6名が日本プロゴルフ殿堂入り
(02/08)ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集2名追加
(02/07)フェニックスオープンは松山英樹プロが連覇
(02/06)ドバイデザートクラシック結果
(02/03)NEW タイトリスト プロV1&V1x発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

●エリアG人気コーナー
ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集  ゴルフ書籍・DVD  ダブルペリア(新ペリア)計算方法

2010年03月31日

ウォーターショットの後、ボールがハザード内にも関わらず、クラブを地面に着けた

USLPGAツアー「起亜クラシック」最終日11番ホール、ミシェル・ウィがウォーターハザードからストロークし、ボールはハザード区域内のラフに止まったにも関わらず、クラブを地面に着けた。

【解説】:ボールがハザード内にある場合、そのハザード内の地面や水を手やクラブで触れてはならない(2010年現在のゴルフ規則第13条第4項b)。ただし転びそうなのを防ごうとした場合は罰はない(2010年現在のゴルフ規則第13条第4項例外1)。ウィは打ち終わった後、バランスを崩しただけと主張したが認められず、規則13の罰として2打罰となった。



[AD]


このエントリーをはてなブックマークに追加

posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 06:24 | TrackBack(0) | ゴルフルール事件簿
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36770311
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック