新着記事
★ゴルフサイトサーチ ▼登録されたゴルフサイトの情報からゴルフ情報を検索できます
Loading
(02/10)ト阿玉氏、村上隆氏ら6名が日本プロゴルフ殿堂入り
(02/08)ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集2名追加
(02/07)フェニックスオープンは松山英樹プロが連覇
(02/06)ドバイデザートクラシック結果
(02/03)NEW タイトリスト プロV1&V1x発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

●エリアG人気コーナー
ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集  ゴルフ書籍・DVD  ダブルペリア(新ペリア)計算方法

2007年02月26日

Bet.12結果 アクセンチュアマッチプレー選手権総評

今季の世界ゴルフ選手権第1戦「アクセンチュアマッチプレー選手権」。ワールドランキング上位64名(棄権が出たため、今回は65位まで)による、まさにトッププレーヤーの大会。

通常のストロークプレーと違い、予選さえ通過すれば最終日におおまくり!というわけにはいかないのがマッチプレー。どんなに強い選手でも、その日悪ければ敗退するというのがとてもシビアです。それゆえ、トッププレーヤーが途中で敗れることも多く、テレビ中継などに向かず、トーナメントとしては年間数試合しかない試合形式になっていますが、元々ゴルフの原点はこのマッチプレー方式。逆に言えば、マッチプレーで勝てる選手は本当に強い選手であるとも言えます。

さて試合のほうですが、今回は初日からランキング上位が消えていく展開。1回戦で敗れたアーニー・エルス、2回戦ではジム・フューリック、フィル・ミケルソン、ガルシアといった選手が敗退。そして3日目にはツアー8連覇がかかったタイガー・ウッズまで……。ウッズに勝ったニック・オハーンは一昨年のこの試合でもウッズに勝っており、マッチプレーで2回ウッズに勝った初めての選手となりました。

こうしてワールドランキングトップ10勢が姿を消し、決勝はヘンリク・ステンソンと昨年の優勝者ジェフ・オギルビーの2人に。ネッドバンクチャレンジでも活躍したステンソンは、日本での知名度は低いものの、欧州ツアーではトップクラスのプレーヤー。対するオギルビーは去年の全米オープン覇者。かくして決勝戦は取ったり取られたりの一進一退を繰り返し、白熱した試合展開となります。

結果的に34ホール目で2upとしたステンソンが35ホール目のドーミーホールを分け、2&1でうれしいワールドツアー初勝利となりました。

ベットのほうですが、ダントツ人気のウッズ以外は10倍を超える高倍率でした。で、ステンソンはというと……15番人気の57.09倍! ゴルフの試合予想は選択肢が多い分、本命がはずれると非常に高倍率になりますね。当てられた方、おめでとうございます。

次回のベッティングですが、明日から新しいベットを開始する予定です。お楽しみに!



[AD]


このエントリーをはてなブックマークに追加

posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 12:43 | TrackBack(0) | ゴルフベッティング
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3420709
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック