新着記事
★ゴルフサイトサーチ ▼登録されたゴルフサイトの情報からゴルフ情報を検索できます
Loading
(02/10)ト阿玉氏、村上隆氏ら6名が日本プロゴルフ殿堂入り
(02/08)ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集2名追加
(02/07)フェニックスオープンは松山英樹プロが連覇
(02/06)ドバイデザートクラシック結果
(02/03)NEW タイトリスト プロV1&V1x発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

●エリアG人気コーナー
ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集  ゴルフ書籍・DVD  ダブルペリア(新ペリア)計算方法

2008年04月20日

No.66 エリアGを買収!? 提示額は……

ゴルフ仲間・ゴルフ合コン募集ボードの中に「投稿者の要望により削除」という人がいます。削除する理由はまちまちですが「ゴルフ仲間がたくさん見つかりましたので削除してください」というメールをもらうのはとてもうれしい。少しは役に立ってるんだなぁと実感する瞬間ですね。

かれこれ15年以上活動していますが、メールでいろいろな意見や提案をもらったりします。最近では女性限定の募集ボードを作ってほしいという要望がありました。作ったところで応募者が女性である証明を取るわけにはいかないし、どうやって実現しろというのだろう?とも思ったりするんですが(^_^;)

あとは公式のコミュニティを作ってほしいという要望もたまにいただくのですが、SNSのSW ClubエリアG公式コミュニティなわけで、それ以外に何がいるのかなぁ。いろいろやってるつもりでもきちんと伝えきれていないのだなぁとちょっと反省。

基本的には善意でいろいろやっているつもりなのですが、それを悪用するというか、自分の利益のために使おうとする人や企業がいるのも確かです。ゴルフ仲間募集ボードの掲載者に対して営業活動を行う企業がいます。たとえば会員権の案内や商品の宣伝のDMを片っ端から送信したり。こういうときはメール配信CGIのトラフィックが突然増えたりするので、すぐにIPアドレスなどでアクセス制限をかけたりしてそういう被害を最小限にするようにしています。

これまでもそういうことが何度かありましたが、いちばんひどいなと思ったのは、同業と言えばいいでしょうか、ゴルフのコミュニティやゴルフ仲間募集サイトを運営している会社からのDMですかね。こっちにこういうコミュニティがあるから参加しませんか?みたいな。ネット上だと手軽に検索できてアプローチできるということはあるんだと思いますが、実社会だったらあり得ない話ですよね。喫茶店にいるお客に対して、うちのコーヒーおいしいからうちの店にきませんか?って営業しているようなもので……。

で、タイトルの話につながるんですが、ある企業から「エリアGを売らないか?」というメールがきました。具体的な企業名は書きませんが「ゴルフ仲間」とか「ゴルフサークル」という言葉で検索すると上位に出てくるサイトを運営している会社。はぁ?って感じ。

この会社のビジネスモデルは「人を集める」「集めた人に物を売る」「集めた人のカテゴリに合わせた広告で稼ぐ」「集めた人に対するイベントを行いスポンサーなどからお金を取る」といったところでしょうか。企業が運営しているからにはそこで利益を生まなければいけないわけで、無料で利用できるといっても必ずそこにビジネスが介在します。ボランティアじゃないわけで。

一時期IT企業によるM&Aが大流行していたことがありました。Webサイトを運営している企業でもよくありましたが、PVを増やすためにサイトのコンテンツを充実させるのではなく、買ってきてくっつけてしまえばいいという発想。50万PVのサイトを100万PVにするのに毎月10%アップさせて8ヵ月かけるよりも、50万PVのサイトを買ってくっつければ来月にも100万PVが達成できると。まあ資本主義のいいところであり、悪いところでありという感じでしょうか。

それと似たような感じなんでしょうか。エリアGを買いたいという企業、簡単に言うと手っ取り早く人を増やしたいと。エリアGに対しては「10年以上の実績があり人も集まっていて信頼できるサイト」という評価をいただきました。で、「ゴルフ仲間募集ボード掲載者やSW Club登録者の情報を含めて買い取りたい」という話。要するにエリアGじゃなくてその2つが欲しいのね?と(^_^;)

それは個人情報の売買になるのでできないと言ったら、「企業が買収される場合、その企業がもっている個人情報も含めて買われる。それと同じこと」だと。「移管に際して登録者にその是非を問うてかまわないと言った人だけにすれば問題ない」などというわけです。そういうもんなの?という気もしますし、ゴルフコミュニティやゴルフ仲間募集サイトなどで運営会社がころころ変わっているところもよく見かけます。参加している人は気にしないのかなぁと思うことがけっこうあったりします。企業がやってるから信用できるということはありませんからね。

まあそれはともかくとしてエリアGを購入するに当たり、これだけの金額を用意しています……と提示されたのが7桁の数字。最終的には8桁まで出してもかまわないという話まできました。まあ某ポータルサイトでは、社員が個人的に作っていた携帯用サイトに対して億の金を払って買い取った事例もありますし、8桁という数字で驚きはしませんが、こんな個人サイトにねぇという感じ。

個人的にはしがないサラリーマンですから裕福な生活をしているわけでもなく、広告こそはってありますがサイトの運営で儲かっているということもなく(逆に大赤字?(^_^;))、日々ぎりぎりで暮らしている者としてはその金額に魅力がないとは言いません。しかし、お金のためにやってるわけではないですし、利用してくださっている方々の信用を裏切りたくない、ということでもちろんお断りしました。

ゴルフが好きな人の役に立てればいいと思って運営しているだけなので、金額の大小ではないんですよね。景気がいいわけではないし、給料が高いわけでもなく、けっこう厳しい生活をしていますが、もしお金に困ってこれ以上運営できないということになってもサイトを売るというつもりはありません。そのときにはきっぱり削除するつもりです。もしくは銚子電鉄みたいに「ぬれせんべい買ってください!」ってお願いするか(^O^)

ということで、当たり前の話ですが、みなさんの個人情報を売るということはいっさいいたしませんので、ご安心いただければと思います。これからも長く続けられるよう、がんばります!


実践M&Aハンドブック
実践M&Aハンドブック服部 暢達

おすすめ平均
stars現場で辞書的に使える
stars学生向けの教科書

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



[AD]


このエントリーをはてなブックマークに追加

posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 16:29 | TrackBack(0) | ゴルフコラム
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14228723
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック