新着記事
★ゴルフサイトサーチ ▼登録されたゴルフサイトの情報からゴルフ情報を検索できます
Loading
(02/10)ト阿玉氏、村上隆氏ら6名が日本プロゴルフ殿堂入り
(02/08)ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集2名追加
(02/07)フェニックスオープンは松山英樹プロが連覇
(02/06)ドバイデザートクラシック結果
(02/03)NEW タイトリスト プロV1&V1x発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

●エリアG人気コーナー
ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集  ゴルフ書籍・DVD  ダブルペリア(新ペリア)計算方法

2008年04月06日

No.63 OBは1打罰! 決して2打罰ではありません

ゴルフを始めたばかりの人はよくペナルティがわからず、OBは何打罰だろう?と悩むことがあるらしいですね。でもってゴルフルールに乗っ取らない前進4打(プレイング4)などという日本独特とも言えるローカルルールのせいで「OBは2打罰」と覚えている人も多い。エリアGQ&Aコーナーにもたびたび同じ質問が寄せられていて、「OBのペナルティ数」という形で回答しています。

このQ&Aコーナー、まだ2008年ルール改訂に対応していません。早いところやらないといけないのですが時間がなくて……。しかし、OBのペナルティはルール改訂されても1打罰です。

なぜこんな初歩的なことを書いているかというと、昨日ゴルフダイジェスト・オンラインに掲載された「あわや4打罰!」というニュースのせいです。

ここのニュースはYahoo!のゴルフニュースにもフィードされているので見た人も多いんじゃないでしょうか。「あわや4打罰!」というタイトルを見て、いったい何があったんだ?と思い、読んでみたら……「危うく2球OBの4打罰を受けるところだった。」っておい(-_-+)

ゴルフを知らない人が書いたならいざ知らず、GDOがこんないい加減な記事を配信しては困ります。「○○にこう書いてあったんだからそちらが正しい」とかいう人がいたりするんですよね。Q&Aコーナーへの質問(いまはこちらに届きますが、まったく回答できてません……)でもそう言い張って聞く耳持たない人がいたりします。そう言い張るんだったら質問しなきゃいいのにと思うんですが(^_^;)

ゴルフを始めたばかりの人のためにもう一度書いておきます。OBは1打罰です。ストローク数に1打の罰を加え、次のストロークを元の場所から打ちます。だからティーショットであれば1打目+1打罰で次のストロークになるので3打目になるのです。決して2打罰ではありません。

「あわや4打罰!」に書かれている状況、「ティーショットがOBっぽい→暫定球を打つ→これまたOBっぽい」という場合で、仮に両方ともOBだったとしたら、初球+OBの1打罰+3打目(暫定球)+OBの1打罰」で次は5打目になりますが、「2ストローク+2回の1打罰」の4打の次だから5打目になるのであって「2回の2打罰」ではありません。「2回の2打罰」にしてしまったらストロークがなかったことになってしまう。

メディアや書籍などに掲載されているから必ず正しいということはないという典型的な例だったのであえて触れさせていただきました。


嘘つき。―やさしい嘘十話 (ダ・ヴィンチ ブックス)
嘘つき。―やさしい嘘十話 (ダ・ヴィンチ ブックス)ダヴィンチ編集部

おすすめ平均
stars気鋭たちの短編集
stars作家の見本市として、いかが?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



[AD]


このエントリーをはてなブックマークに追加

posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 15:53 | TrackBack(0) | ゴルフコラム
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13661807
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック