新着記事
★ゴルフサイトサーチ ▼登録されたゴルフサイトの情報からゴルフ情報を検索できます
Loading
(02/10)ト阿玉氏、村上隆氏ら6名が日本プロゴルフ殿堂入り
(02/08)ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集2名追加
(02/07)フェニックスオープンは松山英樹プロが連覇
(02/06)ドバイデザートクラシック結果
(02/03)NEW タイトリスト プロV1&V1x発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

●エリアG人気コーナー
ゴルフ仲間・ゴルコン相手募集  ゴルフ書籍・DVD  ダブルペリア(新ペリア)計算方法

2008年02月11日

No.58 ゴルコン? ゴルフ合コン? ゴルフコンペ?

最近ゴルコンが流行っているとか、ゴルコンって知ってますか?とか、ゴルコンとは?という文章をあちらこちらで見かけるようになりました。エリアGにも昨年6月の「No.39 ゴルフ合コン相手を探してる方必見! ゴルフ合コン相手募集ボードオープン!!」というコラムで書いたように、ゴルフ仲間募集コーナーにゴルフ合コン相手を募集するページを置き、たくさんの方に利用されています。

ただ、実際に流行っているかどうかはわかりませんが、そもそもゴルコンという言葉の成り立ち自体が非常にあやしい気がします。もちろんゴルフを通じた合コンというものがあってもいいと思いますし、相手をよく見られる・理解できるという点では効果的な合コンだとも思います。しかしゴルコンという言葉はどうなんでしょう……。「ゴルフ合コンはゴルコンとも呼ばれて流行っている」という文章が露出されるより前に、本当にゴルコンと呼んでいた人がどのぐらいいるんだろうかと(^_^;)

検索サイトでちょっと調べてみたのですが、「合コン」という言葉が1000万件、あるいはそれ以上ヒットするのに対し、

ゴルフ合コン:
Yahoo 3万件
google 6200件

ゴルコン:
Yahoo 10万件弱
google 16000件

しかヒットしません。10万件というのは多いように感じますが、上記のNo.39を書いてから8ヵ月経っているということを考えると、流行っているというほどの露出力はないですね。何か仕掛け人がいて、その言葉自体を流行らそうと目論んでいる……そんな気がします。

検索結果を見る限り、ゴルフ合コンよりもゴルコンという言葉のほうが露出度が高い感じですね。個人的には変な略語だなと思うのですが……仲間内での集まりがコンパ。異性との出会いを目的として男性のコンパと女性のコンパを一緒に行うのが合同コンパ。この略称が合コン。つまり、ゴルフ合コンとは、すでに略称が含まれている言葉であり、それをさらに略して、合同という意味合いの「合」の字を取ってしまったら意味が変わってしまう(^_^;) なんとも不思議な略語です。

まだゴルフコンペをゴルコンと略すほうが自然かなぁとも思うのですが、ゴルフコンペをゴルコンと略して言う人はこれまでほとんどいなかったと思うので、まあ、コンペと混同することはないでしょうし、問題ないんですかね。文章として書く場合にどちらで書いたら一般的だろう?と考えるのは私のような人間だけでしょうし……。もう少し様子をみて、言葉の流通具合によって統一するなどという感じですかね。

ゴルフという共通の趣味を持った男女が出会えるゴルコン。ゴルフ仲間募集コーナーは役に立ってるのかなぁ(^_^;) 少しでも役に立ってるといいんですけどねぇ。


大人のQRコード―合コンのおもてなし
大人のQRコード―合コンのおもてなし
おすすめ平均
stars面白い

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



[AD]


このエントリーをはてなブックマークに追加

posted by Manabu **Springwater** Shimizu at 03:59 | TrackBack(0) | ゴルフコラム
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10747471
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック